ちあ~仔猫~くろ

2008年5月末…ちあの里親となりました。その後、3か月年下のくろがやってきた。  2ニャンズのドタバタ劇です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どこで、鬼ごっこするのよ~(○`ε´○)!!

ちあくろ鬼ごっこ

この障子は破れない紙使用しています。
なのに、力づくで糊をはがしてしまった、ちあくん。
それでこんな鬼ごっこに発展。

かんべんしてよぉ~(○`ε´○)プンプン!!



あれぇ?くろ何処いった???
8

ん?
3


ここダ=^∇^*= にゃ~♪
6


そこにいたのにゃ~?
10

ここまでおいで・・・
22


まってにゃ~
CI9

おっとぉ~
4

スポンサーサイト

PageTop

くろもやっぱりダンボール大好き

くろもやっぱりダンボール大好き
お気に入りのダンボールハウス

上に乗ったらこんな感じ・・・
kuro04.jpg
入り口の高さは5センチくらい
だから、ちあ追いかけられるとすぐ逃げ込む。。。
on


なかにはいると・・・

kuro03.jpg


PageTop

まだねむいの(=xェx=) にゃ~

いつものように、昼寝の邪魔をされてしまったちあくん


あそぼうよぉ~ちあ兄ちゃん

もう~なんでおこすのにゃ~


こら(っ`Д´)っ・:∴ニャァ!!!!!!





と・・・毎日毎日飽きもせずじゃれあっているちあ♂とくろ♀
咬み咬みされても、がぉ~っと小さな口で抵抗しているくろちゃん

楽しそうに遊んでいるのを見てるとほんと
。+゚☆。+゚☆ндρρчヽ( *´∀`*)ノндρρч☆゚+。☆゚+。


PageTop

くろちゃんを我が家へ迎えました。



報告が遅くなっちゃいました。ゴメンネ(☆´Å`人´Å`★)ゴメン(ФωФ人)ニャン♪

先月末に用水路から救い出したノラ猫くろちゃんを
我が家に迎え入れて今日で5日目です。

ちあとくろちゃん、随分落ち着いてきましたよ。
初日2日目までは、下駄箱の中に隠れて寝ていました。
ちあに、追い掛け回されるので逃げ場所を下駄箱の中に作ってあげました。

3日目~2ニャンズは同じ部屋、ちあ部屋にいます。
ちあの方が、くろが上ってこられない机の上で寝ているようです。
田舎の古民家ですから、部屋数は多いんです。

くろちゃんは、ちあのまねばかりしています。
後をついて回っています。
でも、、、ちあの大好きな高い場所には上れません。
もう少し頑張ろうね。

でも、ほんとにかわいいんですよ。。。くろちゃんは、
最初から私たちの手をぺろぺろとなめまわします。

ちあは、私たちをいきなり咬む事がなくなりました。

そのかわり、くろちゃんを咬んでいますが・・・
それも徐々に減りつつあります。



PageTop

留守番できた?

今日は姪の結婚式で、2時半からみんなでお出かけでした。
帰ってきたのは午後9時・・・
真っ暗な部屋の中から「ちあ」の鈴の音が・・・
眠っていたんでしょうが、ほんとに嬉しそうに私たちのところに近づいてきました。

我が家に来て、家にこんなに長時間ひとり(1匹)さみしく
いることなんてなかったものね。。。


goron

でも、結婚式のお花を食べちゃうのは勘弁して~~~!
s-CIMG1531.jpg

くろちゃんとちあ・・・
CIMG1307.jpg

くろちゃんは少しずつ元気になってきました。
勝手口の網戸を真ん中より上まで登れるようになりました。

でも、家の中に入れるとやっぱり・・・ちあが襲い掛かろうと?する。

2匹同時に暮らせる?まだ迷っている途中です。
できれば、くろちゃんとも一緒に暮らせたら・・・
いいなぁって・・・

PageTop

仔猫のくろちゃん

用水路に落ちた猫を救出した模様です。

ある朝、異常な仔猫の鳴き声が聞こえてきました。
明らかに、助けを求めています。

急いで外に出ると用水路の中から、鳴き声がします。
用水路はしっかりと頑丈な蓋が被っています。
コンクリートの部分は中が見えませんし、とてもじゃないですが蓋が開けられません。
仔猫ちゃんは幸いにも鉄の蓋のちょうど真下に水の中から顔だけ出して、鳴いていました。
蓋を持ち上げようとしましたが、重くて簡単には持ち上がりません。
まだ、ベッドの中にいた三女を起こし何とか二人で少し手が入るぐらいに蓋をずらすことが出来、救出成功!
そばには、お母さん猫が心配そうにしていましたがノラ猫さんのため近づいてきません。
びしょぬれの黒い仔猫ちゃんを拭いてあげ、お母さん猫に返そうと思いましたが、逃げてしまいます。
しばらく仔猫のそばを離れ様子を見ていたら、お母さん猫が仔猫のそばに近づいてきました。
よかった・・・と安心したのもつかの間今度は、兄弟仔猫ちゃんの悲しそうな(=;ェ;=)泣き声が・・・
お母さん猫は黒い仔猫ちゃんをそのままにして、そちらに行ってしまいました。

私は仕事に行く時間が迫っていた為、三女が黒い仔猫ちゃんを暖めてあげていました。
ニャーニャァーか細い声で鳴いています。
生後1ヶ月位でしょうか?
ちあが我が家に来た時よりも少し小さい気がしました。

その後お母さん猫が戻ってきてくれたようです。
元気に大きくなってくれるといいのですが・・・

この事があってから1週間、今はこんな状態です。
chiakuro

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。